抜歯し歯を失ったあとの治療:ブリッジ・入れ歯・インプラント 比較

抜歯で歯を失った後に行う治療について 抜歯

歯がダメになって抜くしかないって言われたんだけど、抜歯したあと歯を失ったところはどういう治療になるんだろう…?

残念ながら手を尽くしてもどうしても歯が残せない場合もあります。

抜歯した後、歯を失ったスペースはそのままにしていると歯が動いてしまい、かみ合わせが悪くなるのをはじめ、色々と噛む機能に悪影響が生じてしまいます。

関連記事↓

歯が抜けたまま放置するとどうなるの?どのようなことが困るの?
「歯が抜けたままにしていても不便はないし」と思っていても、放置したままにしておくと後々苦労することになるかもしれません。この記事では歯が抜けたまま放置することによって起こりうるお口のトラブルについて詳細に解説しています。

 

悪影響が及ばないためにも、歯の無くなったスペースに歯を補います。

その方法にどのようなものがあるのでしょうか?

今回は歯を補う治療(補綴 ほてつと呼びます)について詳しく解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

歯を補う治療は大きく3種類あります。

Dr.Den
Dr.Den

歯を補う治療には、大きく3つの方法があります。

それぞれの治療の特色や方法について解説していきます!

ブリッジ

ブリッジとは図のように、歯のない部分の両隣の歯を削って土台にし、両側の歯とくっついている形でダミーの歯(ポンティックといいます)を作製して歯を補う方法です。

橋を架けるように隣の歯とつなぐことからブリッジと言われています。

この場合は、歯を補う隣の歯は削って土台にしているので、この歯もかぶせ物の形で仕上がってきます。

ですので、例えばこの例の図のように失ったところが1本の場合、かぶせ物になる歯は両端の歯が2本、ダミーの歯が1本と合計3本分の歯を治療することになります。

メリット

この歯は見た目は差し歯、かぶせ物の歯の形をしています。

歯の土台にくっつけているので、入れ歯のように取り外しする必要がなく、お手入れも歯ブラシや歯間ブラシを使った普通の歯と同じ方法で行う事が出来ます。

デメリット

両隣の歯を削り土台にするので、その歯が健康な歯の場合、本当なら削らなくてもいい部分を削らなくてはいけなくなったり、神経を抜かないといけなくなったりと、他の歯に負担をかけることになります

どういう場合に可能か?

失った歯の部分の両隣が残っている場合に使用可能です。

また、両隣が健康な歯な場合でも、その歯を削ったり神経を抜いたりすることに了承する必要があります。

どういう場合に出来ないか?

失った部分の両隣の歯がない、残っていない場合には出来ません。

(カンチレバーと言って一番後ろの歯をその手前2本で支えるという方法もありますが、歯に負担がかかるのであまりお勧めはしません。)

また、失った部分の両隣の歯を削りたくない、神経を抜きたくないという人もこの治療には適していないでしょう。

また、ブリッジは支える両隣の歯で失ったところを補うという性質上、失ったところにかかる噛み合わせの力も補わないといけないので、ある程度ブリッジに使用する歯が丈夫でないといけません

また、失った部分と使用する歯の種類によってはかみ合わせの力に耐えられず結局その歯も失ってしまう可能性もあります。

失った部分と使用する歯の種類に関しては、さまざまなケースが想定されますが、「はじめからこの組み合わせではかみ合わせの力に耐えられないだろう」という組み合わせに関しては保険では認められず、自費でしかできない、という場合もあります。

どのように行うか?期間

失ったスペースの両隣の歯の処置(かぶせるために削る。もしくは神経の治療が必要だったら神経の治療を行う)を行い、型取りをし、技工所で歯を作製した後お口の中に装着します。

両隣の歯に神経の処置が必要な場合、

神経の処置に2回から4回(1本1本するのならその本数回数がかかります。)、

土台を入れるのに1回、

土台の形に削り方を取るのに1回、

そして装着

となります。

装着するまで最短で5回、でもこれは本当に最短なので、通常は数か月単位でかかるかと思います。

保険は効くか

先ほど記したように抜けている部位と残っている歯の条件を満たしていたら、保険適用できます

素材を選択したかったり、抜けている部位と残っている歯が保険の条件を満たしていなくてもブリッジにしたい、と考えている場合は自費になります。

高額医療制度は効くか

保険適用で高額医療制度を使用できるほど費用が掛かった場合は可能です。

医療費控除は効くか

領収書を取っておけば、保険自費関係なく後日確定申告時に可能です。(控除されるかどうかは各人の医療費にかかった金額によります。)

費用

出来上がった時に発生する費用としては、ダミーの歯と被せる歯の本数の費用が掛かってきます。

保険の場合はおおよそ保険のクラウンと同額の費用が掛かってくるので、クラウンの費用×本数くらいかと思います。

過去記事 クラウン、インレーの値段って? ↓

 

詰め物(インレー)銀歯(クラウン)の値段って?(保険診療編)
クラウン(かぶせ物)や銀歯(詰め物)の値段(金額)っていくらなんだろう‥。保険診療でかかる費用について、率直な疑問にズバッとお答えしています

 

自費の場合は治療を受ける医院によって異なってきます。

 

入れ歯

入れ歯は図のように、歯を失ったスペースにダミーの歯を作り、その隣にばねのような金具(クラスプといいます)を付けて両隣の歯に金具をひっかけることにより補う装置です。

メリット

両隣の歯を削らすに歯を補う事が出来ます。入れ歯を外すと歯の両側が出てくるのでお掃除がしやすいです。

デメリット

入れ歯は噛み合わせの力がそのまま歯の粘膜にかかってくることになるので、思い切り噛む事は出来ず、今までより噛む力が弱くなるケースが多いです。

今までの歯のお手入れに加えて入れ歯のお手入れも必要になってきます。

関連記事 入れ歯のお手入れ↓

 

超音波タフデントをはじめとした超音波洗浄器や入れ歯洗浄剤の歯科医が教える正しい使い方
「入れ歯の超音波洗浄器、洗浄剤、ブラシの使い方が分からない」人のために超音波タフデントを始めとした洗浄器具や入れ歯洗浄剤の使い方を歯科医が解説します。

 

また、取り外しが必要になってくるので今までよりすることが増え若干煩雑に感じる人が多いです。

また両隣にばねをひっかけるのでばねの強度によっては歯に負担がかかります。

どういう場合に可能か?

大きさにより装着し続けることに慣れるまで時間が掛かったり、違和感を感じたりと感じ方に個人差はあります。

しかし、入れ歯として作製することは一本からすべての歯がない場合までどのような場合でも幅広いケースに可能です。

どういう場合に出来ないか?

作製することはほぼすべての場合で可能なのですが、先ほども書いたように、入れ歯を付け続けることが出来るかどうか、という事には個人差があります

入れ歯はある意味道具ですので「慣れ」が必要になってきます。

もしずっとつけていてもなれることが難しいな、と感じる人の場合はほかの方法を選択するほうが良いかもしれません。

どのように行うか?期間

入れ歯は完成するまでにいくつかの工程は必要です。

  • 型取り(印象採得)
  • 金具合わせ、高さ位置合わせ(クラスプ試適、咬合採得)
  • 仕上がりチェック(配列試適)
  • 完成

場合によってはかたどりを2回行ったり、また2つの工程をいっぺんに行ったりとバリエーションがあります。最短2回ですが4,5回はかかると思っておいたほうが良いでしょう。

保険は効くか

保険範囲内の材料を使用する場合だったら保険適用可能です。保険の材料以外の材料で作成する場合は自費になります。

高額医療制度は効くか

保険適用で高額医療制度を使用できるほど費用が掛かった場合は可能です。

医療費控除は効くか

領収書を取っておけば、保険自費関係なく後日確定申告時に可能です。(控除されるかどうかは各人の医療費にかかった金額によります。)

費用

補うべき歯の本数、金具の種類、個数によって費用は異なってきます。例として、保険診療の3割負担で上下総入れ歯(総義歯)の場合、費用は約21,000〜27,000円位です。

インプラント

 インプラントは「人工歯根」ともいわれていて歯の無くなったスペースに左の図のような「インプラント体」と言われる金属の根っこを埋入し、その金属の根っこの上に差し歯のように土台をつけ、その上に「上部構造」と言われるいわゆる歯の形をした差し歯状のものを付けることにより歯を補う方法です。

メリット

人工の歯根を埋め込みその根の上に歯を作製するので、両隣の歯を削るといった処置をする必要がありません。また、入れ歯などで感じている違和感や合わない感じはなく、以前と同じような心地に近い感覚が得られます。

デメリット

人工の歯根を埋め込むときに手術をしなければいけません。また多くの場合では保険適用にならないので自費で行うことになります。

どういう場合に可能か?適しているか?

両隣の歯を削りたくない、入れ歯の装着で感じる違和感を感じたくない、元の噛む力を取り戻したいと考えている人に適しています。

全身疾患がなく健康な状態の人、顎の骨の状態がインプラントを埋入する条件を満たしている人はインプラント治療を受けることが可能です。

どういう場合に出来ないか?

血液、糖尿病などの全身疾患がある方、顎の骨の量がインプラントを埋入する条件を満たしてい人はインプラント治療を受けることが出来ません。

また、インプラント治療を受けることは出来てもインプラント治療を受ける時に考慮しておいた方がいい条件として、「インプラント治療を受けた歯科医院にずっと通えるか、連絡がとれるか」があります。

実はインプラントは治療が完了したらそれで終わり、ではなくて、メンテナンスは一生受ける類の治療です。

定期的にインプラント周囲を歯科医院で清潔にしてもらわないと「インプラント周囲炎」といってインプラント周りの骨が溶けてインプラントが使い物にならない、といった事態に陥ることにもなりますし、インプラントの上の部分、上部構造が壊れた時は多くの場合は治療を受けた医院以外ではやり替え等の根本的な修理はできません

ですので、インプラント治療を受けると決めたらその医院にはずっと通える、という医院で受けるのがベターです。

どのように行うか?期間

インプラントを埋入する治療を行った後は3か月間様子を見て骨にしっかりくっついている状態になった時に上部構造の作製にかかります。半年以上は見ておいた方がいいかと思います。

保険は効くか

口唇口蓋裂などある特定の疾患の場合はインプラント治療に保険適用が認められますが、通常の「歯を失った」ケースでは健康保険は適用されません。自費になります。

 

高額医療制度は効くか

自費診療なので高額医療制度は効きません。

 

医療費控除は効くか

領収書を取っておけば、保険自費関係なく後日確定申告時に可能です。(控除されるかどうかは各人の医療費にかかった金額によります。)

費用

費用は医院によって大きく差があります。安価なところで人工歯根(インプラント体)を埋める手術で10万円台、それにかぶせ物の部分(上部構造)の費用がプラスされます。これも自費のかぶせ物の費用位かかってくるかと思います。

 

いかがでしたか?歯を抜いた後にどのような治療があるか、おわかりいただけたでしょうか?いい選択が出来ることをお祈りしています!

 

コメント